忍者ブログ
遠すぎて見えない明日を見据えるために、ただひたすら旅路を行く
[1] [2] [3] [4] [5] [6

05/27

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07/26

2014


もう一年も書いていなかったのだと…。
ちょうど悩みに悩みながらあの頃このブログを書いていて、その後試験やなんやらでゆっくりとここから遠ざかってしまった。
でもそんななかでボイスのお仕事をいただいて微力ながらお手伝いをさせて頂いた。

さてこの一年、

本当に去年の今ごろは仕事をやめたくてやめたくてしかたがなかった。
それは仕事が嫌だったわけではなく、精神的に人間関係で追い込まれ、契約を更新しないとまで考えていた。
それくらいずたぼろに追い込まれてた。
なにもやってないのに一度仕事について注意をしただけで、あることないこと全部私のせいにさせられ、彼女が転勤したのも私のせいでとばされたとされた。
何を言われても自分がやってないからと表面上で胸を張っていても心のなかはずたぼろで。
それでもやりたいことがあったからまだその職場と試験を諦めきれなくて…、


昨年私は契約から正社員の切符をもぎとりました
そしてこも10月、車掌研修にはいるため今の職場をあとにします


やっとつかんだ一歩でした。
契約から乗務員に進むための道は狭すぎて、それでも自分のやりたいことに向かって突き進んだ4年間は間違っていなかったのだと証明された気分でした。

少しでも声を使える職業に。

私が目指した道は決して夢では終わらなかった。
私がやっと自分で道を開けた気分でした。
周りに頼りすぎた大学時代、
でも甘えてもいいよと教えられたのも大学時代でした。


これからが本当の第一歩
自分でつかんだこの切符を生かすも殺すも私次第


昨年の辛さも踏み台にして、その小さな芽を潰すことがないよう努力を怠らないようにしていきたいです。
PR

07/14

2013

もごもごしながらすべる毎日
すべりだしはうまくいったのかいってないのか
なんとも形容しがたい

先日髪をばっさり切り落とした
ある意味気分転換
ある意味心機一転

いままでのうじうじも一緒に切り落とせてたらよかったのにな
わたしの意気地無し…




風立ちぬが観たい
とりあえず映画見ていっぱい泣きたい
そしたら、少しは落ち着きそうだ
ジブリ大量に借りてこようかな…

いっぱい泣けばいっかいはリセットされてくれる

白い白い世界がやってきてくれる


難しいなぁ…生きるって

06/23

2013

ゆるやかな曲線をえがいて毎日がすぎていく
へんてこりんな道順に、順応できるようになったのはいつからだっただろうか

仕事を全くしてくれない後輩に、いつも彼女の分まで仕事をしていたのに、仕事してくださいといわれたあのくやしさから一転
その後輩は転勤していった

めぐるましくすぎていく日常
日々変化し続ける
さすがにおいつくのがやっとになってしまった

シフト制の仕事
別にそれが嫌なわけでもない
ただただこんなに変更がかかると疲れてくるな、とか
ただそれだけ

ばたばたの日常にもがいて

肌荒れだってなんだってなおらないまま
毎日をすごして

それでも生きていることがすごいことなんだって言い聞かせながら足を進める


そろそろ立ち止まって大声をあげてもいいのだろうか






わたしのいまはうごいているのかとまっているのかすらなぞだ

05/27

2013

仕事やめたい

そろそろ涙がかれる

03/12

2013



ひとつまた灯火が点った


2年前のあの日、私はのんきなもので夢の国にいて
回線オーバーでメールも電話もシャットダウン
こんな私でも心配してくれる人がいて、となりにいてくれる人がいた

歩き続けることを諦めなかったあの日
私たちが見いだしたのはただそこに生きているという希望だった


携帯の充電も底をつき、5件目のコンビニでやっと充電器をてにいれた
自分が無事であるということを知らせられる端末は小さな赤い携帯だけだった

ひび割れて歩道はおち、そこら中で大きな水溜まりができていた

それでも頑張って歩を進めた


明日困るお客様のためにも、私たちは意地でも家に帰るんだと


歩くことを決める前、駅のテレビ画面は休むことなく東北の被災状況と津波情報をながしていた
駅の前でうずくまる人も、私もその映像から目を話すことはできなかった




あの日たくさんの尊き灯火が奪われ、そして絆を作り、傷をつくった
ただ私にできるのはあの日を忘れないように言葉に残すこと



それは自己満足で、なんの力にもならないことかもしれないけれど
それでも、何も残さないよりはいいのかもしれないと考えた



あの日失ったものの大きさを私は本質的な意味で理解はできていないだろう

ただそれでも、書き残すことで、みなさんの目に触れてもらうことで忘れない出来事だと刻んでもらえるように願うばかりだ






灯火をともす手を
祈る手を
願う手を


私たちは自分にできることで
歩みを残していく
■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● Profile ●
■PN*皇桜華(桜華)
■日々演劇を夢見ながら、のらりくらり暮らしつつ悩んだり
■就活危機に陥るもいつのまにか関東進出。どっかの温泉地で今日も窓口のお姉さん。都会とボイスコ界のすみっこに生息中。
■本家→壊れかけの硝子
ネット声優・オリジ小説同人サイト


● たいやき。 ●
● Calender ●
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
● New ●
(07/26)
(07/14)
(06/23)
(05/27)
(03/12)
● Code ●
● ぺっと。 ●
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]