忍者ブログ
遠すぎて見えない明日を見据えるために、ただひたすら旅路を行く
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11

12/14

2010




今を必死に生きることに悪いことはないと思う
それは決して嘘ではないわけで
私は私で
みんなはみんな

たとえば右手だけ爪が短いのは、右手を使うせいだとか

生きてる証拠はすぐそこらへんに転がっている
素直に生きるって言うことは存外難しくて
疑問だらけの毎日を過ごしてしまう
悩みに悩んでもどうしようもなくて
それでも悩み続ける

私は私で
いますぐにはかわれないのだから
自分を生きるしかない





理不尽な理由で嫌われるのにはなれているが
あまりに理不尽すぎてどうしたらいいかわからない
所詮決めつけといえば終わりだが
どうにもこうにも腹が立つこともある
ここまで仕事に行きたくないと思ったのも初めてだ
しかし、そんな理不尽も世の常なわけで
愛さなければ仕様がないわけで
まぁとどのつまりは今を生きるしかないわけで



どうにもなんないんだなこれが



苦笑をうかべながもそんなこと考えれるのだから
案外余裕なのかもしれない

とりあえず仕事とプライベートをわけてのりきるしかない



私は私



つらくても笑っとかないと
すぐに崩れてしまいそうだ

なんて諸刃の刃



それでも私はたち続けるしかないのだ
それこそ自分のために
未来のために
掴むために










私は、


私だ。
PR


探偵ものの何が楽しいのか
それを今までに聞かれていればきっと私は答えに困っていたと思う
母の影響でミステリーを読むことに抵抗はなかった
というか本棚に置いてあったその1つの文庫を何度も読み返した
今にしてみれば不思議である
かといってでは活字中毒かといわれると難しいところ
私の1番の活字中毒時代は小4のときであって今ではない
最近はちまちまナツイチを読むくらいだ
おまけの蜂欲しさに(爆)
それでも買いたい本がそのうち1冊にははいってるのだから、とりあえず苦笑しておく
ミステリーが好きといっても母が好きだった作家をまるまる受け継いだ私は、作家をたくさん読むことをしない
というか読めない
残念なことに文章の好き嫌いが激しいのだ
回りくどく推理のあしあとをふむのがイヤで、単純簡潔かユーモアを求める
つまりは自分で解いてもない事件を自分が解いた気になるために難しい文章にしないで欲しいというわけだ
それこそが私がミステリー好きな理由なのである

つまり解いた気になりたいだけ

うわーわがままーと自分で思ったのは言わずもがな
まぁ好きな理由なんて人それぞれだしとも開き直った
さて、そんなこんなで1番のメインはこれからだ

つまりは何でこんなこと考えたって
「スルース」を観てきたからである
四季を初めて見るのに何故「スルース」を選んだか
単純にミステリーだったからという理由を言ったらはたかれるかもしれないが残念なことにそれが理由だ
どうせならと1番最初は好きなものを選ぶ
公演時期と観たい意欲がたまたま今回重なった

まぁそんだけ楽しみにしてたはずなのに
遅刻するとか自分は馬鹿かっていうのはとりあえず横に置いておく

で、だ

騙され話は意外と嫌いじゃない
ようはその描き方だ
そっちが重要
近年は残念なことに舞台装置にばかり目がいきすぎていたわけで久し振りに人物を目で追った
銃声にびびって体も揺らした
プロのするストレートプレイってこんなに違ったんだって言うのを久々に感じたわけである
躍動感とひきつける声
もうとにかく声だ
引きつけたもん勝ちってこういうことかっていうね
そんな感覚が久し振りだった
自分の演技がまだまだ未熟なのは知っているからこそ演技について語ろうとは思わない
語れるとも思ってないし
けどやっぱり人の演技を観る度触発される
やりたい感情がわけもわからないまま強くなる
したいなという欲はいつでもあるが、そう簡単にはいかないものだ

あぁ、なんていうか無い物ねだり

けどまずは今を乗り切らないとっと改めて思うわけで
初四季をスルースでみて正解だったと私は思いたい
昔の方ががむしゃらにでも前を向けていた気がする
確かにあの決意をしたときの自分は強かった、と
ふと読み返して知る

いつでも先にある不安ばかりみてしまいがちになる
先に不安を抱くより今に不安を抱かなければならないはずなのに
なぜだか先のことばかり考えてしまう
私のだめな癖だ


なんだかなぁ…
さしあたって不満があるわけじゃない、のだとは思うが
なかなかにカラダのバランスがとれてない気がする
精神的なのかなんなのか、自分でもよくわからない
なんだかなぁ…
…あれかな



よっきゅうふまん



とりあえず自分以外の誰かになりたいという欲求
演じたいんだろうな、とか
そんなことを久々に考えた



10/26

2010



ちょっとした風の中
誰かが自分を思い出してくれる嬉しさ

忘れた頃にやってきたセレクション
タイミングがよすぎでびっくりさた
4枚組でくるなんて誰も予測していなかったはずだ

寒くて冷えた手
けれど心があったかいのは
ほっこりした文字に触れたから

あまりひかない風邪をひいた
ひどい頭痛を久しぶりに経験して
のどのいたみとはなのぐずぐずと戦う
もらったCDを聞きながら眺めたブログ

私を思い出す笑顔をみた友人
ちょっと感傷にひたる

最近はこんな感情にならないとブログがかけなくて少し困る

泣きたくなることは少なくなった
いろんなことに手をつける時間がへった
ぼーとしたくないのに、そんな時間が増えた




ちょっと自分を取り戻す旅にでたい
自暴自棄で疲れてる私なんてらしくない

だからちょっくら自分を取り戻しに

もらったCDを聞きながら
みんなの言葉に触れながら

そっと踏みだし、歩んでみよう
願わくば自分で線路の枕木が見つけられるように

10/25

2010




出来るだけ離れないで いたいと願うのは
出会う前の君に 僕は絶対に出会えないから
今もいつか過去になって 取り戻せなくなるから
それが未来の 今のうちに ちゃんと取り戻しておきたいから



   「宇宙飛行士への手紙」
      By BUMP OF CHICKEN
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● Profile ●
■PN*皇桜華(桜華)
■日々演劇を夢見ながら、のらりくらり暮らしつつ悩んだり
■就活危機に陥るもいつのまにか関東進出。どっかの温泉地で今日も窓口のお姉さん。都会とボイスコ界のすみっこに生息中。
■本家→壊れかけの硝子
ネット声優・オリジ小説同人サイト


● たいやき。 ●
● Calender ●
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
● New ●
(06/26)
(07/26)
(07/14)
(06/23)
(05/27)
● Code ●
● ぺっと。 ●
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]